ボトックスはプチ整形の代表格

ボトックス注射がもたらす効果は個人差が多少ありますが、一般的には施術後数時間から2週間程度経過することで実感することが出来るでしょう。
概ね2〜6ヶ月程度が一般的となっており、ボトックス注射の効果の持続期間にも個人差があります。

 

注入量や注入場所が正しくなければ、ボトックス本来の効果を期待することができなくなり、中には全く効果が現れないこともあります。
技術・人柄ともに信頼することの出来るドクターとの出会いはボトックスでのしわ治療の際には必要不可欠なことになるでしょう。
多くの女性は自分の身体のスタイルに満足をしていなく、様々な努力をして美しい身体を作ろうとしていることでしょう。
しかし理想の身体を実現させることが出来ていない人も多いことから、エステが人気となっているのです。 ボトックスで何よりも大切なことは、技術的にも人柄的にも信頼出来る担当医に施術をしてもらうということです。
ボトックスは「プチ整形」と言われ、手軽な印象ばかりが先行している状況ですが、「手術」の一つとなります。



ボトックスはプチ整形の代表格ブログ:2019-6-09

僕のパパは膵臓ガンになってしまった。
もって6ヶ月とのこと…

「なんじゃそりゃ…」
はじめて聞いたとき、僕は全然実感がなかった。

僕は、パパが風邪をひいた姿すら一度も見たことがなく、
「からだが丈夫なだけが自慢だ」
とパパ自身も常々言っていた。

そんなパパがガンだなんて…

僕は母親が嫌いだけど、パパは大好きだ。

僕が高校を卒業して
芸大の写真学科に行きたいって言ったときも、
母親はつぶしがきかないと言って反対していたけど、
パパはやりたいことをやるべきだ!と賛成してくれた。

僕にとって、パパは良き理解者だったのだ。

一日一日と、
日ごとにやつれていくパパを見て、
「もう助かる見込みはないんだな」と悟ったとき、
僕はパパが楽しそうなところを撮影することに決めた。

バイト先のギャラリーが
14日間個展をさせてくれると言ってくれた。
僕は、大好きなパパの写真集をつくろうと決めた。

死んでゆく人の最期を写真に撮るなんて不謹慎だ!
…という人もいるかもしれない。
でもパパは「面白そうだな」と言ってくれた。

病室で呼吸器をつけられたパパを撮影した。
パパが営んでいたうどん屋の常連客が次々と病室に訪れて、
あまり多くを話すことはできないけれど、
やさしい表情で迎えるパパを写真に撮った。

パパが亡くなって、僕はパパの写真展を開いた。
ギャラリーに訪れたパパの常連客や弟子たちは涙を流し、
写真集をめくりながら、パパとの思い出を語ってくれた。

写真は僕とパパとの共同作品になったと思う。
母親との関係も少しずつよくなってきている。

僕はパパの子どもに生まれて、
本当に良かったと思う。